埼玉県東部で40年にわたり地域密着型の急性期医療の実践を行っております

〒340-0153 埼玉県幸手市吉野517-5 TEL:

  1. HOME
  2. 地域医療連携サイト

地域医療連携サイト

地域医療連携サイト

医療関係者の方に向け、地域医療連携に関する情報を提供する「地域医療連携サイト」を準備中です。

脳卒中ケアユニット(SCU)始めました

当院では、広域社会医療法人格の急性期病院としての責務として救急医療の充実に心がけてまいりましたが、このたび一刻を争う脳卒中患者の救急受け入れ態勢強化のため脳卒中ケアユニット(以下SCU)の運用を開始しました。

平成21年12月より3床にて運用を開始し、脳卒中の診療経験豊富な医師が急患に備え24時間常に院内に待機し救急診療にあたっております。

SCU運用開始後、脳梗塞急性期治療の切り札的薬品であるtPA(アルテプラーゼ)使用症例や出血性疾患に対する緊急手術症例も飛躍的に増加傾向にあります。

平成22年5月には6床へ増床し、今後もさらにSCUを充実させていく計画です。

なお、上記tPAは脳梗塞発症後3時間以内に治療を開始しなければなりません。
皆様におきましては「Act FAST:素早く行動しろ!」
 F:Face(顔のゆがみ)、A:Arm(手が動きづらい)、S:Speech(言葉がしゃべりづらい)
 T:Time(時間との勝負です!)
を合言葉に、上にあげた脳卒中の兆候にいち早く気づき素早く行動(救急車を呼ぶ)することが大切です。万一脳卒中を発症してもよりよい回復のため我々SCUスタッフはできる限りのお手伝いをいたしますが、治療の第一歩は皆様の素早い行動にあるということを肝に銘じでいただきたく存じます。

平成22年8月
東埼玉総合病院 脳神経外科 科長: 岩田 幸也

ページの先頭へ