埼玉県東部で40年にわたり地域密着型の急性期医療の実践を行っております

予約専用電話番号 0480-40-1420

  1. HOME
  2. 医療技術部門
  3. リハビリテーション科

医療技術部門

リハビリテーション科

部門紹介

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、病気やけがで障害を受けてしまった方に対して、症状の改善や残存機能を伸ばし、 日常生活が可能となり社会生活に復帰するための様々な関わりのことを指します。

当リハビリテーション科の特色

当科は地域の急性期病院として発症直後あるいは術前より早期のリハビリテーションを開始しています。 整形疾患では骨関節疾患と脊椎疾患に対する術前術後のリハビリテーションを行っています。 脳神経外科病棟にはSCU(脳卒中ケアユニット:脳卒中集中治療室)が6床設置され、発症直後より専従の理学療法士が治療をしています。 地域包括ケア病床にも専従の理学療法士が担当し在宅復帰に関わっています。その他、内科・外科・循環器・呼吸器疾患と幅広く対象としています。 サービスとしては理学療法、作業療法、言語聴覚療法があり、総合的なリハビリテーションの提供をしています。

診療体制としては、急性期リハビリテーションでは実施機関が少ない365日診療を平成29年8月より開始し、更なる早期離床、ADL改善と早期退院を促進します。 今後は心大血管疾患リハビリテーションの計画も予定されており、より総合的な急性期リハビリテーションを目指しています。 リハビリテーション科の基本姿勢として患者さんの尊厳を大切にします。

東埼玉総合病院 リハビリテーション科

院内連携

病棟との連携もリハビリテーションを進めるためには重要であり、病棟での活動度を踏まえたリハビリテーションを行うようにしています。 病棟とのカンファレンスの他、状態や活動度の変化の度に担当看護師と情報共有を行い、安全な病棟生活を送り、ADL改善の促進に繋げています。

退院支援

退院に向けて、全病棟でのリハビリテーションスタッフ・社会福祉士・退院支援看護師と合同で行う退院支援カンファレンスや ご家族や担当ケアマネジャーへのリハビリテーション見学や退院前訪問指導を実施することでタイムリーな自宅復帰や方向性の決定に繋げています。 また自宅へ退院される方には自宅生活での注意点や生活に必要な動作指導あるいは自主トレーニング等のアドバイスを行い、退院後の生活が円滑に維持できるようにしています。

スタッフ

理学療法士 常勤16名、非常勤2名
作業療法士 常勤5名
言語聴覚士 常勤3名
助手 非常勤2名

東埼玉総合病院 リハビリテーション科職員

施設基準

・脳血管リハビリテーション(Ⅰ)
・廃用リハビリテーション(Ⅰ)
・運動器リハビリテーション(Ⅰ)
・呼吸器リハビリテーション(Ⅱ)
・がん患者リハビリテーション
・SCU(脳卒中ケアユニット)(専従理学療法士1名)6床
・地域包括ケア病床(専従理学療法士1名)13床

主な対象疾患

脳血管疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、症候性てんかん、硬膜下血腫、頭部外傷、脳腫瘍

運動器疾患

人工関節置換術、脊柱管狭窄症、頚髄症、椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折、四肢の骨折

内科・外科疾患

心不全、腎不全、誤嚥性肺炎、消化管潰瘍術後等の廃用症候群

呼吸器疾患

慢性閉塞性肺疾患

がん

胃がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん

診療時間

東埼玉総合病院 外来リハ

東埼玉総合病院 入院リハ

理学療法

理学療法とは

けがや障害に対して運動療法や物理療法を通じて治療を行い、動作の改善や回復を図ります。 また、障害を持つ人に限らず、健康増進・維持を目的に理学療法を通じて指導や助言を行います。 急性期は手術直後や発症早期で病状の不安定な時期です。急性期の理学療法は病状の安定や疾病の治癒を目的に、病態の急変などに対応するリスク管理を行いながら実施します。

当科の理学療法の特色

東埼玉総合病院リハビリテーション科 理学療法

理学療法の対象は多少の変動はありますが、運動器疾患が約5割、脳血管疾患が約3割、廃用症候群約2割、呼吸器疾患約1割弱となっています。 運動器疾患は主に術後のリハビリテーションで人工関節や脊柱管狭窄症、頚髄症等は3〜4週間の治療を実施しています。 入院治療が中心ですが、人工関節置換術や大腿骨近位部骨折等は自宅退院後、外来でフォローしています。 脳血管疾患は発症直後より開始します。 特に当院はSCU(脳卒中集中治療室)があり、リスクの高い症例でも医療管理の下、5年以上の経験のある専従理学療法士が対応しています。 地域包括ケア病床では施設基準で少し長めのリハビリテーション継続が可能なため、自宅退院に向けて充実した治療を実施しています。 その他、内科・外科・循環器疾患の廃用症候群や呼吸器疾患等ひとりの理学療法士が幅広い疾患を担当しています。 早期離床、早期自宅退院あるいは回復期病院への転院まで、できるだけ残存機能を回復させることを目的に365日、40〜60分/日、集中的にリハビリテーションを行っています。

診療の他、骨粗鬆症外来の一環でロコモ測定・指導の実施、院内活動として糖尿病生活支援委員会の一員として糖尿病教室の運動指導、 年3回の市民公開講座でのロコモ指導、骨粗鬆症リエゾンサービス委員会主催の研修会講師、看護部や医療技術部員を対象としたトランスファー講習会の開催など幅広く活動を行っています。

東埼玉総合病院リハビリテーション科 理学療法 東埼玉総合病院リハビリテーション科 理学療法 東埼玉総合病院リハビリテーション科 理学療法 東埼玉総合病院リハビリテーション科 理学療法

作業療法

作業療法とは

病気やけがあるいは生まれながらに障害がある人などを対象に、食べたり、料理を作ったり、会社に通勤して仕事を行うなど、人の日常生活に関わる全ての活動(作業)が行える様に、基本的な運動能力から社会に適応する能力までを維持・改善し「その人らしい」生活の獲得を目標にします。 急性期の作業療法は病気やけがの直後から、将来の生活を見越し、その時の症状に合わせてこころとからだの基本的な機能の改善を援助するとともに新たな機能低下を予防します。例えば自分で食べられる、自分で家の中を移動できる、自分でトイレを使えるようになる等の練習を行います。

東埼玉総合病院リハビリテーション科 作業療法 東埼玉総合病院リハビリテーション科 作業療法

当科の作業療法の特色

東埼玉総合病院リハビリテーション科 作業療法

対象は脳血管疾患約8割、運動器疾患約2割、廃用症候群とがんが少しとなっています。 脳血管疾患は発症当日からベッドサイドで開始し、回復期病院への転院予定の患者さんは急性期ながら発症後3〜4週の入院になるため、回復過程に応じた支援をしています。 高次脳機能障害に対しては、ADLや起居動作では理学療法士と、コミュニケーションや食事等では言語聴覚士と情報共有しながら早期離床、ADL改善に取り組んでいます。 運動器疾患は主に術後のリハビリテーションで頚椎疾患は3〜4週、前腕部骨折は1週〜10日程実施しています。 入院治療が中心ですが、前腕部骨折等は自宅退院後外来でフォローしています。 今後は離床促進、ADL改善目的に廃用症候群や運動器疾患への範囲を広げていく予定です。

言語聴覚療法

言語聴覚療法とは

話す、聞く、表現する、食べる等、誰でもごく自然に行っていることが、病気や事故、加齢などで不自由になることがあります。 また生まれつきの障害で困っている方もいます。 こうした、ことばによるコミュニケーションや嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援をします。

当科の言語聴覚療法の特色

疾患別の対象割合は脳血管疾患が約6割、廃用症候群が約4割です。 対象に内科・外科疾患が多く、また脳血管疾患の急性期ということもあり、嚥下治療が多いため、ベッドサイドでの嚥下練習や食事開始のための嚥下評価、食上げ評価の他、脳外科医と共にVF(嚥下造影検査)の実施をしています。 食事は日常生活に欠かせない活動であり誤嚥などリスクの高い関わりのため、病棟看護師や管理栄養士と連携を取りながらサポートしています。 失語症を含めた高次脳機能によりコミュニケーションに問題のある方に対しても発症早期より介入し1日でも早く疎通がとれる様、ご本人だけでなく、ご家族に対してもコミュニケーションの取り方などをアドバイスします。 診療の他、栄養サポート委員会(NST)での嚥下評価の指導や研修会講師、全病棟での栄養嚥下カンファレンスの実施など、病棟における栄養嚥下の評価・ケアの向上に取り組んでいます。

東埼玉総合病院リハビリテーション科 言語療法 東埼玉総合病院リハビリテーション科 言語療法

ページの先頭へ